クレジットカード現金化!返済遅延に気をつけて!

HOME » 換金のリスクと対処法 » クレジットカード現金化!返済遅延に気をつけて!

クレジットカード現金化!返済遅延に気をつけて!

クレジットカード現金化を多用することによって、借金が溜まり返済遅延になることだけは避けなければなりません。
現金化は後々支払わなければならない、借金になるものだと頭に置いておく必要があるでしょう。
では返済遅延にならないように、クレジットカード現金化サービスを有効活用するにはどうしたらいいのでしょうか?

まず一番大事なことは、本当に必要な時にだけ現金化サービスを利用するということです。
手軽に現金化ができてしまうので、ついつい使いすぎてしまわないよう利用限度額を自分で決めておくことが肝心かと思われます。

また、できることならリボ払いを対応しないということも大事です。
リボ払いは分割払いになるので毎月の返済負担を大幅に減らすことができますが、返済が長期的になればなるほど金利負担が大きくなります。
何よりリボ払いをすることによって負担が減ることで、借金の大きさに対する警戒心が麻痺してしまうので、まだ借りられるのではないかと他のクレジットカードを使って現金化をしてしまう恐れがあります。
そうならないようにするために、クレジットカードの現金化は自分で返済計画を立てて上手に活用しなければなりません。

あとは、返済できる余裕ができたらリボ払いから一括払いに変更して一気に支払ってしまうことです。
クレジットカードの上限まで債務をためてしまうのはよくありません。
次に現金化サービスを利用する時には、クレジットカードの債務をゼロにしてから利用するようにしましょう。

クレジットカード返済遅延になると、信用情報にその遅延事故が記録されてしまいます。
この記録は5年間保管されますので、他のローンが組めなくなるなどの弊害が出てきてしまうのです。
また、2ヶ月以上の滞納があった場合、クレジットカード自体が解約になってしまいますので、もうそうなるとそのクレジットカードで現金化することはできなくなります。
そうならないために、クレジットカード現金化は使い過ぎないように正しく利用する事が肝心です。