クレジットカード現金化の豆知識!クレジットヒストリーとは?

HOME » 換金のリスクと対処法 » クレジットカード現金化の豆知識!クレジットヒストリーとは?

クレジットカード現金化の豆知識!クレジットヒストリーとは?

クレジットカードのクレジットヒストリーは、現金化に影響があるものなのでしょうか?
クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴のことです。
利用履歴は信用情報機関に記録されていて、このクレジットヒストリーは、クレヒスとも呼ばれています。
クレジットは信用であり、クレジットヒストリーは、その人のお金に関する信用の歴史を表しています。

このクレジットヒストリーは、別のクレジットカードの発行やローンを新しく組む時に重要なものになります。
利用者の方は誰でも自分のクレジッとヒスとリーは、汚したくないのでしょう。
しかし、クレジットカードの使いやすさゆえに使い過ぎて、返済ができない状態に陥る場合があります。
支払い滞納をしてからクレジットカードが解約になるまで1ヶ月弱ありますので、それまでになんとかして支払えるようにしなければ、カードが止まって現金化もできなくなります。

遅れてもなんとか支払うことが出来れば、クレジットカードは復活します。
しかし、延滞の事実はクレジットヒストリーに残ってしまいますので、新しいクレジットカードの審査に通ることが難しくなります。
また、度々支払いが遅れますと、金融事故として信用機関に登録されて、クレジットカードが利用停止になる恐れがあります。
カードが利用停止になれば、新規クレジットカードを作成する時の審査が通らないだけではなく、ローンやリースなどのお金に関する審査にも影響がありますので、支払い遅延には気をつけなければなりません。

クレジットカード現金化を使い過ぎてしまうと、債務超過に陥るリスクがありますので、適正な頻度で現金化サービスを利用することが大事です。
目安としては翌月に一括返済できる程度の金額か、数か月のリボ払いで完済できる金額に、現金化するお金を抑えることが肝心だといえます。
安全に利用すれば、クレジットカード現金化は生活を助けてくれるサービスですので、有意義に活用しましょう。