クレジットカード枠の換金はバレる?

HOME » 換金のリスクと対処法 » クレジットカード枠の換金はバレる?

クレジットカード枠の換金はバレる?

クレジットカードのショッピング粋を利用しての現金化は、やり方によってはクレジット会社の利用規約に触れてしまう危険性もあるため注意が必要です。
クレジットカードの「現金への換金行為」は、クレジット会社の利用規約に違反している可能性があります。
厳密に言うと、ショッピング枠を使って現金を買う行為を禁止しています。
そもそも、クレジットカードを使っての換金行為はバレてしまうものなのでしょうか?

クレジット会社は、利用履歴で利用者の方が買った商品を確認していますので、換金の目的の決済があからさまだとバレてしまう可能性があります。
しかし、普通にクレジットカードを現金化するだけだと、カード会社の利用規約に触れてしまうようなことはありません。
例えば、間に商品を挟んで、それを売却して現金に換えるという行為。
この行為は単純に物を売って現金に換えただけなので、違反にはなることはないでしょう。

クレジットカードが仮に利用停止になってしまうと、そのクレジットカードを使っての現金化はできなくなってしまいます。
リスクをゼロにするにはクレジットカードを現金化しなければよいのですが、収入の状況の変化によってはどうしても現金が必要な場合があります。
お金を手に入れるのに便利な方法であるクレジットカードの現金化ですが、バレないようする為には、現金化業者を通して現金化をやった方が安全かもしれません。
なぜならクレジットカード現金化業者は、商品の買い取り業務として手続きを進めるからです。
ですからクレジットカードを換金する行為には認められないわけです。

ただし、申し込む業者はどこの業者でもよいわけではありません。
現金化業者の中には、ごく一部ですが悪徳業者も存在しているのです。
カードの利用停止以外に注意しなければいけないのが悪徳業者です。
悪徳業者と知らずに申し込んでしまうと詐欺にあう場合があり、大きな損失を出す可能性もあります。
ですから業者選びはとても大事な要素のひとつだといえます。