クレジットカード枠の換金に関する注意点

HOME » 換金のリスクと対処法 » クレジットカード枠の換金に関する注意点

クレジットカード枠の換金に関する注意点

クレジットカード枠の換金の注意点について。
クレジットカード枠の換金(現金化)とは、ショッピング粋で買った品物を、現金化業者に買い取ってもらう形で現金を手に入れる方法です。
即日現金化できる便利なサービスなのですが、このサービスには注意点があります。

クレジットカード現金化業者に現金化を依頼した時にはクレジットカードを使って商品を購入するのですが、この時には現金化手数料を差し引いて現金が振り込まれます。
差し引いた金額の割合を還元率というのですが、業者によってはこの手数料が割高のところもあるので注意が必要です。
さらに、クレジットカードに現金化した分の金額を返済する時には、手数料が徴収されますので、現金化業者とクレジットカード会社の両方から手数料がとられるということを理解しておく必要があるでしょう。
自分の品物でないものを売却しますと横領罪になりますので、クレジット会社の支払いはきちんとすることが、クレジットカードの現金化をする上で重要な注意点です。

クレジット会社は、この現金化に関しては常に情報を確認していますので、利用者の方もクレジットカードの利用停止にならないようにカードの使い方には注意するようにして下さい。
そして当然のことですが、返済困難になるようなクレジットカードの使い方をしないよう注意することが肝心です。
クレジット会社への返済が滞りますと、一時的に利用停止になり、滞納が続くと解約になってしまいます。
解約になると、クレジットヒストリーに傷がついてしまうので、5年間は新規でクレジットカードが作れなくなるので深刻です。

クレジットカードのショッピング粋を利用して現金化するサービスは、厳しい審査もなく、簡単に誰でも申し込めますが、現金化した後の支払い義務を果たす返済能力があるかどうかが問題になります。
滞納にならないよう、十分な注意が必要です。
困った時に助けになるクレジットカード枠の換金サービスは、正しく使えば生活を支えるサービスになってくれますので、まずは使い過ぎないよう気をつけて支出をコントロールすることが肝心でしょう。