クレジットカード換金!ブラックリストとは?

HOME » 換金のリスクと対処法 » クレジットカード換金!ブラックリストとは?

クレジットカード換金!ブラックリストとは?

クレジットカードの換金は、返済に気をつけなければブラックリストに載ってしまいます。
ブラックリストとは、金融事故情報のことを意味します。
金融事故情報とは、クレジットカードを強制的に解約された場合や携帯電話料金未納など返済が滞った状態が利用者の信用情報に記録されてしまうことです。

支払期限から2ヶ月目で、返済をしなければ、信用情報機関に長期滞納者として登録されます。
それが、一般的に言われているブラックリストに載ると言うことです。
ブラックリストに登録されますと、ロ−ンが組めなくなったり、携帯電話の契約もできなくなり、信用取引に関する取引をするのが難しくなります。
そして、クレジットカードも利用停止や解約になり、大変不便な思いをします。

クレジットカードには、ショッピング枠といって、クレジット会社が決済費用を立替えて利用者が買い物をする方法と、現金を借りるキャッシングの方法があります。
キャッシングはATMなどで簡単に現金が下せる仕組みです。
クレジットカードは、担保や保証人がなくても加入できますが、ブラックリストに載っている人は信用性に欠けますので、別の新しいクレジットカードには加入できなくなります。
クレジットとは信用です。
借りたお金が返済できていない事実があれば、申し込みをしてもクレジットカードは発行されないでしょう。

クレジットカードがなければ、便利にお金が手に入るクレジットカードの現金化もできません。
クレジット会社は、損失を回避するために、信用情報機構がネットワークを通して、利用者の金融事故の有無、すなわちブラックリストの情報を確認しています。
ブラックリストにのるような金融事故のある利用者は、金融関係からの借金ができなくなります。

返済できる金額以内での利用であれば、クレジットカードの現金化はとても便利なサービスになります。
クレジットカード現金化をする時には、このようなブラックリストに載ることが無いよう、計画的に金額を考えて申し込むことが大事です。