クレジットカード換金でカード停止になるの?

HOME » 換金のリスクと対処法 » クレジットカード換金でカード停止になるの?

クレジットカード換金でカード停止になるの?

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング粋を利用して購入した商品を売却し現金を手に入れる方法のことです。
このサービスは、クレジットカードさえあれば、追加で審査をされることなく現金化できるメリットがあります。
ですが、クレジットカードを使って換金をすることには、カード停止になるリスクや債務超過に陥るリスクが存在します。

一番怖いのは、現金化をすることで返しきれない大きな借金を抱えてしまうということです。
この借金は当然、期日までに返済をしなくてはいけないもので、この借金のリスクの存在を考えないで現金化を多用してしまう人も多いのではないでしょうか。
現金化でお金が入ることに安心して、後からくる借金の返済をクリアしなくてはいけない!このデメリットがあることを考える余裕がないという人も多いのかもしれませんが、使い過ぎには注意が必要です。

そもそもクレジットカード会社はあからさまな現金化を禁止していますから、頻繁に現金化を行ったことがクレジット会社に知れますと、規約違反になってしまい、カードが止められてしまう恐れがあります。
カードが利用停止になりますと、クレジットカードは使えないのに、残った借金の支払いをしていかなければならないことになりますので大変です。
また、クレジットカードは返済が困難になった場合でも、利用停止になりますので、現金化でショッピング枠を使う時には計画的な利用を心掛けなければなりません。

クレジット会社の契約書をよく読んで、書かれている内容を理解された上で現金化を考えられることが、カードの利用停止を回避する一つの方法でもあります。
現金化を利用される方で、契約書の読み直しをされている方は少ないのではないでしょうか?
契約書の内容を十分に確認して、さらに自分の収入と現金化をする金額を照らし合わせて判断をしてください。
クレジットの現金化はメリットの多い便利な方法ですが、使い方を間違えると、大きなリスクにもなります。
正しく利用すると大変便利なサービスですので、上手に現金化サービスを活用しましょう。