クレジットカード換金のリスクとその対処法

クレジットカード換金のリスクを回避!

クレジットカードを換金をする際に、考えられるリスクについて、色々知っておいた方がよいことがあります。
クレジットカードのショッピング枠を即日現金化できるサービスがあるのですが、利用する際に気をつけた方が良い点がいくつかありますので、ここで説明したいと思います。

▼ 目次

クレジットカードを換金するというのは、どういうこと?

そもそも、クレジットカードを換金するというのは、どういうことなのでしょうか?
これは厳密に言うと、クレジットカード自体を換金するのではなく、クレジットカードのショッピング枠を換金すると言った方が適切でしょう。
換金するにはクレジットカード業者に申し込むか、自分で換金するかの2パターンがあります。
どちらにせよ、クレジットカードのショッピング枠を使って商品を買う必要があり、買った商品を転売することで現金を手に入れることができる仕組みです。
このクレジットカード現金化(換金)は、クレジットカード会社に対する借金になりますので、後日この借金を返済していかなければなりません。

そういうことからまず考えられる一番のリスクは、債務超過に陥る危険性があるということです。
適正に使えばこれほど便利なサービスは他にないのですが、返済額を考えてから許容範囲の中で現金化をしないと、どんどん借金が溜まっていくことになります。
特に複数のクレジットカードを使って現金化をしようと考えている人は、申し込む前にまずは自分の毎月の収入を顧みて、現金化をする金額が適正かどうかをしっかりと判断しましょう。
返せない金額は、決して現金化してはいけません。
許容範囲を超えた債務は、後々の生活に悪影響を及ぼしますので十分気をつけましょう。

還元率リスクについて

次に考えられるリスクは、還元率リスクです。
クレジットカード現金化業者は数が多く、手数料が自由競争になっています。
ですから業者によって還元率が変わってくることになり、選ぶ業者によっては損をすることもあれば得をすることもあります。
できるだけ還元率の高い業者を選ぶには、各業者を比べてみて一番高いところを選ぶようにするしかありません。

次のリスクは、金銭感覚が狂ってしまう危険性があるということです。
誰でも手軽に現金化できるということから、このサービスを利用することで、限られた現金の中でお金を使うという感覚が薄れてくる場合があります。
これはクレジットカードを使うときの感覚にもよく似ています。
現金なら買わなかったものでも、クレジットカードならつい買ってしまう。
クレジットカードの現金化で手に入れたお金も、苦労して働いて稼いだお金ではありませんので、ついその金額の重みを忘れてしまいがちになってしまうわけです。
そうならないように、返済する時はできるだけ一括で返済して、お金の重みを忘れないようにすることが肝心でしょう。

お得にクレジットカードの枠を換金する方法

さてクレジットカード現金化に関するリスクについて説明してきましたが、お得にクレジットカードの枠を換金する方法について説明したいと思います。
まず、誰でも実践できる方法としては、まとまった金額を現金化するということです。
小分けにして少額を現金化にするより、大きな金額を一度に現金化した方が還元率が高くなります。
還元率が高いということは手数料は少ないということになりますので、利用者側としてはメリットがとても大きいです。

また、別の方法としては、クレジットカード現金化業者の還元率UPキャンペーンを利用するということがお得な方法として考えられます 。
最近は競争が激しいので、この還元率アップキャンペーンをやっている業者はよく見かけます。
通常時と比べて1割から2割程度還元率が高くなっていますので、まずはキャンペーンの適用条件をよく把握してから、申し込んでみるのがいいでしょう。

後は、大手のクレジットカード現金化業者を選ぶということが大事です。
大手になると業者がたくさんいますので、自ずと手数料が利用者に還元されやすくなります。
小さい業者になると信用度も低くなりますので、できるだけホームページにお金をかけていて、広告もバンバン出す余裕のある大手現金化業者を選ぶようにしてみてください。

後は同じ業者で常連になると、利用回数によって優遇を受けられるサービスを提供しているところもあります。
そのような優遇サービスがあるかどうかは業者によって違いますが、できるだけサービスの良い現金化業者が見つかるまで、申し込みは控えておいた方がいいかもしれません。
インターネットで「クレジットカード 換金」と入力して、 目立ったサービスをやっている業者を探してみましょう。

クレジットカード現金化サービスを有効に活用できれば、仮に現金が必要になるような場面に遭遇しても、すぐに現金を用意することができます。
例えば公共料金の支払いであったり、友達の結婚式に招待されたけど給料日前で手持ちの現金がないときなど、様々なシーンで現金化サービスを利用することができますので、使いやすい業者を一社見つけておくといいでしょう。